奥さんの物件の入居者が決まりました

2008年3月30日は、奥さんの物件の退去立会いでした。同時に管理人さんに挨拶をしたり、近隣の不動産屋さんを回る、近隣のリフォーム業者から見積りを取るなどと効率よく動かねばなりません。とはいえ僕は風邪が治らず家でダウン。奥さんと義父が立ち会いました。
入居者の方は部屋をとても綺麗に使ってくれていたようです。畳の上にカーペットを敷いていたようで畳は全く傷んでいませんでした。部屋内の間仕切りのガラス割ってしまったということはありましたが、これは保証金でまかなうことに。一部剥げているクロスの張替えと洗いだけで、リフォームは終了です。

同時に、入居者が仮決定しました。一度ダメになってしまった管理人さん紹介による同一建物内での住み替えです。ダメになったと聞いた時には、6ヶ月から1年の空室も覚悟したのですが、復活→入居申込書を頂くこととなり、本当にホッとしました。妻は「今は天にも昇るくらい嬉しい?」と踊りながら言っていました。後はなるべく早くリフォーム完了日を確定し、入居日を確定させることを急ぐだけです。
<続報>
4月1日に入居書が正式決定しました。退去後の部屋を見ていただき、入居申込書をFAXにて送付いただきました。保証人も近隣に住む息子さんということで問題ないと思われます。入居者の方からは「なるべく早く引越ししたい」という要望があるようで嬉しい限りです。
もう少し部屋数が無いと一部屋空いた時のキャッシュフローをカバーできず、退去があるたびにどきどきしますね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 奥さんの物件の入居者が決まりました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://stylestyle.net/mt/mt-tb.cgi/50

コメントする

あわせて読みたいブログパーツ


アフィリエイトならリンクシェア

このブログ記事について

このページは、が2008年4月 2日 12:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「繰上げ返済の効果を測定」です。

次のブログ記事は「リフォーム確認と保証金の受領」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。