リフォーム確認と保証金の受領

紹介をしてくれた不動産屋とは今まで取引がありませんでしたので、リフォーム完了の確認と保証金その他の受領の為に物件まで行ってきました。
改めて部屋に入ってみると、

1:広い!本当に広く感じます。
間取りはDK、6畳洋間、6畳和室が一直線に並んでいるタイプですが、各部屋の仕切りとなるガラス戸を端に寄せることができ、壁の出っ張りも無いため非常に広く感じます。18畳くらいの仕切りのない空間というのは見慣れないものです。ですので、間取り図で見るよりもずっと広く感じます。

2:綺麗
外部はそれなりに経年を感じさせますが、部屋の内部は築30年とは思えません。7年前にリフォームをしているので当たり前なんですが。キッチンはシステムキッチンになっており、とても綺麗です。「良い部材入れた」というのは確かです。

3:明るい
西向きの部屋なので、午前中は暗いですが午後になれば太陽の光も入り、とても明るい雰囲気になります。

4:収納が広い
6畳の和室には2間半の収納スペースがあります。床から天井まで全面が収納スペースになっています。洋服をかける為の横棒(ロングコートをかけられる180cmのものとハーフサイズのものと2種類)!も設置してあるため、クローゼットとして使えます。
1人暮らしの女の人で、この収納スペースを洋服で一杯にするのは、とても大変そうです。

奥さん曰く「入ってもろたら勝ちやねんけどな。紙の上での比較で負けるねん。築年数が古くて」とのこと。リフォーム費と入居者獲得時のポイントが、なかなか考えられています。
広さ、綺麗さ、明るさ、収納と入居候補者が部屋を見に来た時に、アピールポイントが幾つもあるのです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: リフォーム確認と保証金の受領

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://stylestyle.net/mt/mt-tb.cgi/51

コメントする

あわせて読みたいブログパーツ


アフィリエイトならリンクシェア

このブログ記事について

このページは、が2008年4月12日 12:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「奥さんの物件の入居者が決まりました」です。

次のブログ記事は「キャッシュフローゲーム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。