お金持ちになるには?その深淵


 故・伊丹十三監督の映画に「マルサの女」という映画があります。国税局特別捜査科:通称マルサがいかにして、脱税を摘発していくかを描く話です。その中で脱税をしていた山崎努が演じるラブホテルのオーナーの台詞が僕の心に残っています。以下は記憶をたよりにしており、正確ではありませんが、大体あっていると思います。

 捜査官(大地康雄)「凄い(お金持ち)ですなぁ。どうやったらあなたのようにお金持ちになれるんですか?」
 オーナー(山崎努):コップに水を注ぎながら「コップに水がたまっていく。大抵のヤツは半分くらいたまったところでその水を飲んでしまう。コップ一杯全部に水がたまってもまだ飲んじゃダメだ。」
 オーナー(山崎努):コップから少しあふれた水を舐めて「コップから溢れてきたのを舐めるんだ。」
 映画の中の何気ない1シーンです。伊丹十三監督は、ホテルのオーナーをお金に汚い人として描く一方で、お金に関する深淵を知っている人として描いていたんだなぁと実感します。
 この台詞を金持ち父さん的に翻訳すると、「少しお金が貯まったからと言って、すぐに車を買ったりマイホームを買ったりして使ってしまってはいけない。お金がお金を産むように投資をしなければならない。」ということでしょうか。
 1日でも早く僕のコップから水がこぼれる日が来るよう、僕も頑張らねば。でも、あのラブホテルのオーナーのように「お金に汚く」はなりたくないなぁ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: お金持ちになるには?その深淵

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://stylestyle.net/mt/mt-tb.cgi/56

コメントする

あわせて読みたいブログパーツ


アフィリエイトならリンクシェア

このブログ記事について

このページは、が2008年5月20日 00:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「固定資産税の季節」です。

次のブログ記事は「FXをはじめてみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。