キャッシュフローゲーム

51CZSHXRY7L._SL500_AA280_.jpg
先日、会社の研修として社員でキャッシュフローゲーム (日本語版)を行いました。で、その後に僕の不動産投資体験を話したわけですが、ゲーム内の状況とぴったりと一致して怖いくらいでした。

キャッシュフローゲームで行うべきことは、
小売店のツケ、カードローンなど利率の高いローンを返済する
株に投資して1万$位の手元資金を溜める
「スモールディールカード」で、3Br/2Ba程度の物件を複数購入
「マーケットカード」で高値が出たときに販売
数万$の手元資金を溜める
適宜、ローンを返済し支出を減らす
ビッグディールで物件を購入して終了
という順番です。多少の異論はあると思いますが大体こういう順番で投資・返済活動をしていけばラットレースを抜け出せます。

 僕の所有する物件というのは、キャッシュフローゲームでいうところの、3Br/2Ba、頭金2000$、ローン6万$、総額6万2000$、月キャッシュフロー200$という物件なわけです。(計算を簡便にするため、1$=100円で換算)この条件をゲーム内で出されるとほぼ全員が「買います」というでしょう。
 でも、実際に2DK、40m2、頭金20万円、ローン600万円、家賃4万5千円、ローン返済額2万4千円、月のキャッシュフロー2万1千円 という物件を見た時に買うひとはどれ位いるでしょうか?投資活動というのは、実際に「やってみて」初めてリターンが得られますし、ノウハウも蓄積できるのです。

 僕自身の状況を、キャッシュフローゲームに置き換えると
手持ち資金は3万$
株式に1万$投資
自分の物件:2Br/1Ba、頭金:2000$、ローン6万$、総額6万2000$、キャッシュフロー:200$
奥さんの物件:2Br/1Ba、頭金0、ローン10万ドル、総額10万ドル、キャッシュフロー:?100$

 今後、株に投資して更に大きくするのか、スモールディールに参加しつづけるのか、ビッグディールにチャレンジするのか、の岐路にいるわけです。キャッシュフローゲームではビッグディールで構わないわけですが、実際に「リアル」で投資するのならば、まだまだスモールディールの段階だと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: キャッシュフローゲーム

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://stylestyle.net/mt/mt-tb.cgi/52

コメントする

あわせて読みたいブログパーツ


アフィリエイトならリンクシェア

このブログ記事について

このページは、が2008年5月 1日 12:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リフォーム確認と保証金の受領」です。

次のブログ記事は「固定資産税の季節」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。